安定した強い住宅|桧家住宅のセールスポイント|評判の良い住宅メーカー

安定した強い住宅

部屋

調査をしっかりと

建物を支えている土地は、安定的でなくてはなりません。崖の上に立っている建物は崖崩れで崩壊する恐れがあります。新しく茅ヶ崎で造成した土地は、時間がたつにつれて普通より大きく沈下する恐れが出てきます。沈下が均等でないときは、建物が傾いてしまいます。また川沿いのような地下水の高い場所では、地震の時に土地が液体のように流動化してしまう、液状化現象が起きてしまう危険もあります。このような土地に茅ヶ崎で建物を建てる場合は、しっかりとした擁壁を設けたり土地を固めたり安定性が良い深い地盤で支えるなどの、対策が必要になってきます。茅ヶ崎で家を建てる、あるいは購入するときは、建物が建つ土地の調査をしっかりと行うことが重要になってきます。

建物を安定させる

茅ヶ崎の土地の強さは粘土や砂、岩盤など土の種類によって決められます。弱い地層は浅いところに、強い地層は深いところにあります。ですから軽い建物は表面に近い地盤に乗せてもよい一方、重い建物は深い地盤で支えなければなりません。基礎は建物の重量を地盤に伝える部位になります。地面の下に埋められていますので通常は見ることはできませんが、大きく分けると直接基礎とくい基礎があります。直接基礎は建物を表面に近い地盤に直接乗せるための基礎です。くい基礎は建物の重量を、深い地盤で支えるものです。穴をあけてコンクリートを直接注入する場所打ちくいや、工場で作られたコンクリートのパイプを埋め込むPCくいや、鋼管くいなどが多く使われ、建物の安定性を高めています。